小田巻蒸し

小田巻蒸しとは・・・

小田巻蒸し(おだ巻き蒸し・おだまきむし・Odamakimushi)は、

大きめの茶碗蒸しにうどんが入ったもの。うどん入り茶碗蒸し。大阪・船場の商人がハレの日に食していたのが一般に広まったとされる。

スポンサードリンク

麻糸を丸く巻いたものを小田巻(苧環)といい、茶碗蒸しの中のうどんをこの小田巻に見立て、小田巻蒸しと呼ばれる。

うなぎの入った「うなぎの小田巻蒸し」や、うどんの代わりに素麺を使った「素麺小田巻(そうめんおだまき)」もある。

Share