おこわせんべい

おこわせんべいとは・・・

おこわせんべい(おこわ煎餅・Okowasenbei)は、
南部せんべいに炊きたての赤飯やおこわを挟んだもの。
「こびりっこ(こ昼っこ)」「せんべいサンド」とも呼ばれ、農作業の合間などに軽食、おやつとして食べられてきたもの。

手にご飯がこびりつかないように、せんべいで挟むようになったといわれる。

スポンサードリンク

通常ならぱりっと固いせんべい()が、炊きたての赤飯やおこわの湿気で、しなっとなり、不思議な食感と美味しさを醸し出す。

主に青森県八戸市や周辺で食べられている郷土食。栗ご飯や炊き込みご飯を挟んだものもある。

Share