あらかぶ

あらかぶとは・・・

あらかぶ(アラカブ・Arakabu)は、
スズキ目カサゴ亜目メバル科カサゴ属(またはカサゴ目フサカサゴ科)の魚「カサゴ」の地域名、。主に九州地方や山口県などで用いられている呼称。(あらかぶの刺身)、(あらかぶの煮つけ)、(あらかぶの唐揚げ)、(あらかぶの味噌汁)など、様々な料理で食されている。旬は12月から5月頃まで。


あらかぶの刺身 (長崎)

あらかぶのアラ汁 (長崎)

あらかぶのそのほかの地域名・地方名

あらかぶの標準和名「かさご」は、地域によって、様々な別称を持つことで知られる。関西地方の「ガシラ」「カシラ」「がし」「デカガシラ」をはじめ、熊本周辺の「がらかぶ」「ガブ」、宮崎の「ががら」、山陰地方(主に鳥取・島根)の「ぼっか(ボッカ)・ボッカア」、島根の「ボコ」「ボッコ」「ぼっこう」、山口の「ボテコ」、岡山の「あかめばる(赤眼張)」「メバル」「あかちん」、四国・徳島県海部の「ががね」、瀬戸内海西部沿岸地方(主に広島・愛媛・高知など)の「ほご」ほか、ハツメ(山形県酒田)、ハチメ(新潟・富山)、アカ、アカイユ(沖縄)、アカウオ、アカガシラ、アカゲ、アカズイ、アカゾイ(青森)、アカダシ(和歌山)、アカナ、アカホコ、アカマス、アカメバル(兵庫県神戸市・明石市)、アコウ、アタガシ(和歌山)、アナカサゴ(伊豆大島)、アラカズ、アンポンタン、イソアラカブ、ウドホーゴ、オキアラカブ、オキガシラ、ガガナ、ガガニ(高知)、カズ、ガットバチメ、カラカブ、カラコ、ガリ、カンカンバチメ、ガンガンバチメ、クロガシラ、クロゴツチョウ、ゴチョウ、ゴッチョウ(紀州、奄美)、コンジノホゴ、シシホゴ、チガシラ、チメ、ツラアラワズ、ドツコ、ネバイ、ハチ、ハチカサゴ、ハチガラ、ハチツカサゴ、フゴ、ホンガシラ、ホンカサゴ(新島)、マハツメ、メバリ、メマル、モアルカブ(壱岐)、モタガッシなど、それぞれの地域で昔から親しまれてきたことを窺い知ることができるような、地域色豊かな多彩な名で呼ばれている。

スポンサードリンク

Share