きらず(雪花菜)

きらずとは・・・

きらず(雪花菜・Kirazu)は、おからの事。「」が「空っぽ」の「空(から)」に通じることから、
縁起を担いで、主に関西地方などで呼ばれることが多い。
おからが包丁を用いずに(切らずに)、調理できることからこの名がついたといわれる。

かつては京都の商家などで、「(商売相手との)縁が切れないように」と願いを込めて、
月末に食べる風習があったという。

スポンサードリンク

Share