がんどばぼち

がんどばぼちとは・・・

がんどばぼち(がんど葉ぼち・Gandobabochi)は、岐阜県各務原市周辺で昔から食べられている餅。

「がんどば」、「がんろば」、「がんど」などと呼ばれる、ほのかな甘い香りのする サルトリイバラ科(・ユリ科)のサルトリイバラの葉を使って、作られる。 別名がんどぼち。 かつては田植えの時期によく作られ、農作業の合間のおやつに食べられていたという。

スポンサードリンク

いばら餅に同じ。

Share