でっちようかん

でっちようかんとは・・・

でっちようかん(丁稚ようかん・丁稚羊羹・Decchi Yokan)は
主に、滋賀、三重、京都、大阪、兵庫及び福井などで食べられている羊羹。

丁稚が正月に里帰りをした際に、土産として持ち帰ったものが広まり、「丁稚ようかん」の名がついたといわれる。

スポンサードリンク

地域により、竹皮に包まれた薄型の栗入りの蒸し羊羹タイプのもの(滋賀など)と、水ようかんタイプのもの(福井)とがある。

Share