たいのたい

たいのたいとは・・・

たいのたい(鯛の鯛・Tai no Tai)は、
鯛などの魚の胸ビレの付け根にある骨の一部(肩甲骨と鳥口骨)の俗称で、鯛によく似た部位。
鯛中鯛(たいちゅうのたい)とも呼ばれ、
おめでたい魚である「」の中にある鯛の形という事で、江戸の頃より縁起物とされてきた。

鯛以外の魚にも「鯛の鯛」はあるが、真鯛のものがもっとも美しい事から、この名がついたといわれる。

スポンサードリンク

Share