静岡おでん

静岡おでんとは・・・

静岡おでん(しずおかおでん・しぞーかおでん・Shizuoka oden / Shizooka oden)は、
静岡市を中心とした県中部エリアで広く食されているおでん。
鶏ガラや牛スジを使い、濃い口しょうゆで味付けした色の濃い真っ黒な出汁が特徴。
地元では「しぞーかおでん」と発音する。

戦後の混乱期、屋台で始まったものが、次第に町の横丁や店舗、駄菓子屋などに姿を変え、今に至る。
静岡駅そばに広がる青葉横丁や青葉おでん横丁が有名。

スポンサードリンク

継ぎ足しながら煮込んでゆく奥深い味わい。
青魚を骨ごとすり潰して作られる滋味豊かな黒はんぺん(黒はんべ)を始め、
出汁をたっぷり吸い込んで真っ黒になった大根や、卵、練り物、牛スジなど、
それぞれ串に刺さった旨味溢れるタネたちが目白押し。

味噌だれ(甘辛味噌・甘味噌)をつけ、ダシ粉とよばれる削り節の粉や青海苔をかけて頂くのが定番のスタイル。

静岡おでん

静岡おでん

静岡おでん

静岡おでん

Share