はごいた(ハゴイタ)

はごいたとは・・・

はごいた(ハゴイタ・Hagoita)は、肩甲骨の内側の部分。
羽子板の形をしているので「ハゴイタ」と呼ばれる。みすじ(ミスジ)とも。

一頭から、約1kg〜2kgほどしか取れない希少部位で、幻の肉とも言われる貴重な肉。
赤身でありながら、細かなサシが入り、上品な旨味の中にとろけるような味わいを持つ。

スポンサードリンク

食べ方: 刺身等。

Share