なまざけ(生酒)

なまざけとは・・・

なまざけ(生酒・)は、「火入れ」をしていない酒。

通常、日本酒の製造過程では、発酵の抑止と殺菌の目的で「火入れ」と呼ばれる加熱処理を
もろみを絞って貯蔵する前、および瓶詰の前に行う。

生酒は、その「火入れ」を行っていない酒の事で、瓶詰後も発酵が進むため、
品質が変化する、温度管理が難しい(低温貯蔵が必要)等の手間がかかる一方、
新鮮でフレッシュな味と香りを楽しむことができる。

最近では、超精密ろ過器で、酒中の酵素を取り除き、発酵を進みにくくして
品質の安定を図り、常温で流通、貯蔵が可能にする例もある。

Share