いがまんじゅう

いがまんじゅうとは・・・

いがまんじゅう(いが饅頭・いがマンジュウ・Igamanju)は、まんじゅうを赤飯で包み込んだまんじゅう。赤飯の中に小麦饅頭を入れたもの。小麦で作ったまんじゅうを赤飯の上に並べて蒸かしたもの。埼玉県北東部(加須・羽生・鴻巣・川里)エリアで古くから食べられてきた郷土の菓子で、名前の由来は、まんじゅうが赤飯にくるまれたその見た目が、栗の「イガ」のようにも見える事から、という。埼玉県の郷土菓子。伝統的に祭りなどの際に作られ、食べられてきた饅頭。

いがまんじゅう

いがまんじゅう

スポンサードリンク

Share