きもと

きもととは・・・

きもと(キモト・Kimoto)は、
アサツキの山形県庄内地方などでの呼び名。しらひげ、しろこ、ひろっことも。

アサツキは、通常、地上部分の葉を食べるが、山形県庄内地方では、球根部分から伸びた新芽を、おひたしや酢味噌和え、天ぷら、炒め物などにして食べる。

スポンサードリンク

新芽が黄色がかっていることから、きもと、と呼ばれる。独特の香りと辛味と苦味と甘み、しゃきしゃきの食感を持つ。

Share