ちんすこう

ちんすこうとは・・・

ちんすこう(金楚糕・珍楚糕・チンスコウ・Chinsko)は、
沖縄の伝統的な菓子。

164

スポンサードリンク

小麦粉、砂糖、ラードなどで作る生地を焼いた焼き菓子で、15世紀頃に琉球王朝時代に中国から渡って来たとされる。(諸説あり)

かつては、王族や貴族のみが口にする事が出来、庶民の口に入ることはなかったことから、「ちん(珍)、すこう(お菓子)」と呼ばれるようになったともいわれる。

沖縄の定番土産として知られており、スタンダードなもののほか、チョコレートでコーティングしたものや、パイナップル味、チーズ味、紅芋味、塩入りのものなど、様々なバリエーションのものも売られている。

Share