タテボシガイ

たてぼしがいとは・・・

たてぼしがい(立烏帽子貝・タテボシガイ・Tateboshigai)は、
イシガイ科の貝。琵琶湖の泥の中に生息する。イシガイ、タテエボシ。

平安時代に貴族が被っていた烏帽子(えぼし)に似ていることから、この名がある。

スポンサードリンク

泥の中にいるため、臭みがあるものもあり、料亭などではあまり用いられないが、旨味のある貝で、酒蒸しやぬた、、フライ、佃煮などのほか、切干し大根などと炊いたりする。

「石貝の佃煮」は琵琶湖の名物。

Share