ちゃんちゃん焼き

ちゃんちゃん焼きとは・・・

ちゃんちゃん焼き(ちゃんちゃんやき・Chan chan yaki)は、

鮭やホッケ、ニジマスなどの魚を、、玉ねぎ、モヤシ、ピーマン、、長ネギ、ブナシメジなどと共に鉄板で蒸し焼きにしたもの。

スポンサードリンク

主に北海道沿岸部の漁師町で作られる郷土料理・

食材となる鮭やホッケなどの魚の内臓を取り、バターやサラダ油をひいた鉄板またはホットプレートで、野菜や山菜などと一緒に蒸し焼きにし、味噌、日本酒、、みりん、唐辛子等で味付けをする。

使用する魚や、鉄板にしく油、味付け等、地域や家庭によりバリエーションがある。

「ちゃんちゃん焼き」の名前の由来は、「ちゃん(お父さん)」が作るから、手早く「ちゃっちゃっ」と作れるから、調理する際にヘラが鉄板にあたって「ちゃんっちゃん」と音がするから、など諸説ある。

人がたくさん集まる際に作られるほか、小さめの魚を使って作るものを日常的に食する家庭もある。北海道の郷土料理店で提供されていることも多い。

ジンギスカン、石狩鍋と共に、農山漁村の郷土料理百選において、北海道を代表する郷土料理として選出されている。

Share