あぶってかも

あぶってかもとは・・・

あぶってかも(Abuttekamo)は、
主に福岡県福岡市周辺で食べられている郷土料理。

スズメダイに塩をして焼いたもので、かつては初夏の風物詩として親しまれていた。福岡市ではスズメダイそのものを意味する場合もある。

スポンサードリンク

明治時代に、博多湾でスズメダイが大漁となり、漁師が塩を振り炙って食べたのが始まりとされ、「(火で)炙って噛むと、美味しい、骨まで食べられる、鴨のような味がする」事から、「あぶってかも」の呼び名がついたという。

スズメダイを洗って塩をして軽く干してから、鱗ごとそのまま真っ黒になるまで焼き、鱗、内臓、中骨を取り除いてから、または鱗や内臓ごと食べる。

Share