ちょぼ焼き

ちょぼ焼きとは・・・

ちょぼ焼き(ちょぼやき・Choboyaki)は、
水で溶いた小麦粉に、細かく切ったこんにゃく、ねぎ、しょうが、天かすなどが入った食べ物。

大正時代から昭和の初期にかけて、駄菓子屋などで提供されるようになったといわれ、当時の子供達に絶大な人気を博したという。

スポンサードリンク

明石焼きと共に、現在のたこ焼きの元祖ともいわれる。

Share