倶利伽羅焼き

倶利伽羅焼きとは・・・

倶利伽羅焼き(くりからやき・Kurikarayaki)は、
串焼きの一つで、鯛のヒレや、めそっこ(あなごや、鰻の若魚)の頭をつけたまま捌いたものを、串に巻きつけて焼いたもの。

不動明王が右手に持つ、倶利伽羅竜王が燃え盛る炎となって巻きついた「倶利伽羅剣」に見たてて名付けられた。

スポンサードリンク

Share