あわびの踊り食い

あわびの踊り食いとは・・・

あわびの踊り食い(鮑の踊り食い・あわびのおどりぐい・Awabi no Odorigui)は、

新鮮な活きたままのあわびを七輪やコンロの上に乗せた網や鉄鍋で焼いて食べる食べ方。またはその料理。

スポンサードリンク

あわびが踊るように動くことから、踊り食いの名がある。あわびの踊り焼き、あわびの残酷焼きとも。

一仕事を終えた海女たちが、小屋で採ったばかりの魚介類を焼いて食べたのがその始まりといわれる。

スポンサードリンク

Share