べっこうずし

べっこうずしとは・・・

べっこうずし(べっこう寿司・鼈甲寿司・べっ甲寿司・べっ甲ずし・鼈甲寿司・Bekkozushi)は、

鮪(マグロ)や鰆(さわら)、、鯛(オナガダイ、アオゼ、メダイ、キンメダイ等)、カジキ、シイラ、、イサキ、カンパチなどの魚を、、酒、砂糖、からし(粉がらし・練りがらし)などを入れて作るタレに漬け込み、甘めの酢飯と共に握ったもの。

スポンサードリンク

主に、伊豆大島や八丈島などの伊豆諸島および小笠原諸島で食べられている寿司。郷土寿司。東京の郷土料理。島寿司。単に「べっこう」とも。

かつての食糧事情がよくなかった時代、ワサビが手に入りにくかったことから、からしをワサビの代わりに用いたのがその発祥といわれ、通常の握りとは一味違う味わいが特徴。(伊豆大島では、からしではなく「青とう(島とうがらし)」と呼ばれる辛みの強い青唐辛子を用いる。)

べっこうずしの名前の由来

べっこうずしの名の由来は、つやつやとしたその見た目がべっ甲(べっこう=タイマイの甲羅の加工品)のように見えることから。

べっこうずしの親戚 大東寿司

八丈島からの移住者が多い沖縄県の大東諸島(北大東島・南大東島)にも、ほぼ同様の郷土寿司「大東寿司」がある。

東京23区内で食べるべっこうずし

山手線の浜松町駅から徒歩で約8分の場所にある竹芝客船ターミナル内の「鼈甲鮨 BEKKOUZUSHI」で、「べっこうずし」を食べることができる。

名称:「鼈甲鮨 BEKKOUZUSHI」
所在地:東京都港区海岸1-12-2 竹芝客船ターミナル内
問い合わせ:03-3433-4820(東汽商事株式会社)
営業時間:月~金の11:30~15:00(祝祭日および年末年始休) (ランチオーダーは14:30まで。以後弁当販売のみ)
交通:ゆりかもめ・竹芝駅から徒歩1分。JR浜松町駅から徒歩約8分。大江戸線・大門駅から徒歩約8分。
主なメニュー(税込):
『べっこう寿司+創作やさい惣菜5種』 1,000円
『べっこう焼飯+創作やさい惣菜5種』 1,000円
『島島弁当』 700円

Share