ぼうぜの姿寿司

ぼうぜの姿寿司とは・・・

ぼうぜの姿寿司(ぼうぜの姿ずし・ぼうぜのすがたずし・Boze no sugatazushi)は、
徳島県の郷土料理。。徳島県で「ぼうぜ」と呼ばれるスズキ目イボダイ科の魚「イボダイ」を使った姿寿司で、ぼうぜを頭を取らずに背開きにし、塩、酢でしめてから、酢飯を包みこむように握ったもの。ぼうぜ寿司。

ぼうぜの姿寿司
ぼうぜの姿寿司

ぼうぜを酢でしめる際や酢飯に、スダチ酢またはスダチを絞りいれた酢を用いたり、盛り付けの際にスダチを添える事も多い。

スポンサードリンク

主に、お盆から秋祭りにかけて見かける寿司で特に秋祭りには欠かせない。一般家庭で作られるほか、スーパーマーケットや道の駅などで販売される。姿寿司以外に、最近では半身の寿司を見かける事も多い。


ぼうぜ寿司(半身)
Share