どんどん焼き

どんどん焼きとは・・・

どんどん焼き(どんどんやき・Dondonyaki)は、
小麦粉に水、千切りのキャベツ、刻みネギなどを加えて、塩などで調味し、鉄板やフライパンなどで平たく焼いたもの。食べる際には青海苔を振って醤油やソースをつけて食べる。大正時代頃より東京をはじめとする各地で食べられてきた軽食、、粉もの料理であり、現在も、地域により見た目(平たいもの・半月状・箸にくるくると巻きつけたもの)や用いる具材(ニラ、、チーズ、餅、紅しょうが、ふりかけ、刻み昆布、魚肉ソーセージ等)に多少の違いはありながらも、山形県、岩手県、宮城県、埼玉県、富山県などで「どんどん焼き」と呼ばれる粉もの料理が食べられている。

スポンサードリンク

Share