いずみや

スポンサードリンク

いずみやとは・・・

いずみやは、
酢飯の代わりに、味付けしたおからを使って作る寿司。

愛媛県新居浜地方の郷土料理。卯の花寿司の一つ。
宇和島などの南予地方では「丸寿司」と呼ばれる。

スポンサードリンク

別子銅山を開いた住友家が「いずみや」の原型となる寿司を新居浜地方に伝えたため、
その屋号「泉屋」から「いずみや」と呼ばれるようになったと伝えられる。
元々はご飯を使う寿司だったが、
お米が手に入りにくかった時代、新居浜の人々はご飯の代わりにおからを使って作ったという。

炒ったおからを冷ましてから、
醤油、砂糖、酢などで味をつけ、生姜のみじん切り、人参、麻の実、白ゴマ等を混ぜ、
予め酢でしめておいた、つなし(このしろ)、小鯛、鯵、イワシなどを握る。
そのほか、鯖、コズナ、太刀魚、鯛、サヨリ、きびなご、あまぎ(イボダイ)、さわらなども用いられる。

スポンサードリンク

Share