つま

つまとは・・・

つま(妻・褄・ツマ・Tsuma)は、
お造り()の脇に、彩りや臭み消しなどの目的であしらうもの。
見た目を華やかにしたり、風味を加える目的のほか、毒消し作用を兼ねるものもある。

大根やニンジン、きゅうりなどで作る「けん」やワサビなどの「辛み」も「つま」の一種。

スポンサードリンク

つまとして用いられる主なものは、
、生姜、ミョウガ、葱(芽葱)、木の芽、、板蕨、紫芽、、人参、ニンニク、ハマボウフウ、紅タデ、花穂、束穂、ワカメ、オゴノリ、トサカ、イギス、イワタケ、ツクシ、メカンゾウなど。

食用でないもみじの葉などは飾りづま(飾りもの)ともいう。

Share