とぼ餅

とぼ餅とは・・・

とぼ餅(斗棒餅・とぼもち・Tobomochi)は、
棒状に整形したお餅のこと。
とぼ。ねこ餅。なまこ餅。のし。さお。

石川や福井、富山など、主に
北陸地方の家庭で寒い冬の季節に昔から作られ、食されてきた。

スポンサードリンク

斗棒(とぼ)とは、米などの穀類の計量の際に用いられた道具の一つで、
穀類を入れた枡の表面をなぞって、平らにする棒のことで、
その斗棒に見た目が似ていることから、斗棒餅と呼ばれるようになった。

黒豆やよもぎ、昆布、柚子、ゴマ、キビなどを入れて作った斗棒餅は、
食べる際に、包丁などで適当な大きさに切り、焼いたり揚げたりして食べる。

斗棒餅

斗棒餅

Share