牛骨ラーメン

牛骨ラーメンとは・・・

牛骨ラーメン(牛こつラーメン・ぎゅうこつらーめん)は
主に鳥取県中部~西部地域で食べられているご当地ラーメン。

鳥取は、大山を抱え、広大で豊かな自然の中、牧畜業、とくに牛の生産が盛んな地域であり、
他の地域よりも牛の骨が比較的手に入りやすかった場所柄。

スポンサードリンク

かつてはただで手に入ったこともあったという牛骨を用いて、
鳥取県内の店がラーメンを作り始めたのがおよそ50年ほど前という。
米子に伝わった満州料理をヒントにしたとも言われている。

独特の香りと甘みを持つ牛骨からとったスープで、醤油で味付けしたものが多い。

店によって、豚や鶏、魚介系などのスープが入ることも。

麺は細~中細のちぢれ麺。
基本の具はチャーシュー、もやし、メンマ、ネギ、かまぼこなど。

山陰の小京都と言われる美しい町、倉吉を始め、琴浦町、湯梨浜町など
鳥取県内各地のほか、山口県下松市・光市にも牛骨ラーメンを食べられるお店がある。

牛骨ラーメン

牛骨ラーメン

Share