筆生姜

筆生姜とは・・・

筆生姜(ふでしょうが)は、
新生姜の葉が三〜四枚ほど開いた頃の新芽を、古根を土中に残したまま、かきとったもの。
塩を振り軽く茹でてから甘酢につける。
あしらいとして、焼き魚などに添える。はじかみ。

スポンサードリンク

Share