谷中生姜

谷中生姜とは・・・

谷中生姜(谷中しょうが・やなかしょうが)は、
小生姜の一つで、根茎が直径1cmほどに成長した状況のものを葉つきのまま収穫した葉生姜。
葉茎が太く赤みを帯びており、
根茎の香りと辛味が強い。

かつて(江戸時代中頃)、谷中村(現・台東区の谷中周辺)で多く収穫された事から、谷中生姜と呼ばれる。

スポンサードリンク

旬は初夏から盛夏にかけてで、旬のものは、主に酒の肴として味噌やもろみと共に供されるほか、甘酢漬や味噌漬などになる。

Share