豆漬け

豆漬けとは・・・

豆漬け(豆づけ・まめづけ・mamezuke)は、

1.北海道・

枝豆を茹でてから、塩をして、莢(さや)のまま数日から数週間、
時には数年間漬け込んで発酵させたもの。
「枝豆の豆漬け」「枝豆の漬物(えだ豆の漬物)」「枝豆漬け」とも。

スポンサードリンク

主に、北海道の道南地方(函館や江差など)や、青森県の津軽地方で伝統的に作られ、
食べられている漬物の一つ。枝豆の保存食。枝豆の保存法。

茹でたものとはほとんど変わらない見た目の浅漬けのものから、
発酵が進んで、柔らかくなり、茶褐色に変色したものまである。
唐辛子やシソ、ミョウガなどを風味づけに加えることもある。

茹でた枝豆の持つフレッシュな味わいの代わりに、
独特の風味、コク、甘みといった奥深い味が特徴。

枝豆の漬物

豆漬け

家庭で、おつまみ、おかずとして食べられるほか、
函館や青森の居酒屋などで、お通しや、おつまみの一つとして供されることもある。

2.岩手県遠野地方の漬物

大豆をごぼうや大根等の根菜類と共にだしに漬け込んだもの。岩手県遠野地方の郷土料理。遠野の漬物。
家庭で作られているほか、遠野の産直所や道の駅などで売られている。

Share