いとこ煮

いとこ煮とは・・・

いとこ煮は、

1. 小豆とかぼちゃを煮たもの。

スポンサードリンク

2.山口県萩地方で食べられてきた郷土料理。
小豆を形を崩さないように煮ふくめた所に、昆布出汁を加えて一晩置き、
白玉、しいたけ、ぎんなんなどを加えて作る。

煮えにくいものから具材を順番に(追々)入れていくことから、
追々→おいおい→甥甥で、いとこ煮となった、というのがその名の由来といわれる。

一見すると澄んだぜんざいのようでもあり、甘い小豆が入っていることもあって、
デザートのような感じも受けるがあくまで料理の一品。
主に冠婚葬祭時の会席料理の一品として出ることが多い。

現在は萩地方のみならず、山口の広範囲にわたるエリアで食べられている。

Share