じんだ煮

じんだ煮とは・・・

じんだ煮(じんだに・Jindani)は、
米ぬかで、イワシや鯖などの魚や野菜を炊いた北九州・小倉の郷土料理。
ぬか炊き。ぬかみそ炊き。

江戸時代から、保存食として作られてきたといわれる料理で、
糠を用いて青魚などを数時間かけて煮込むため、
臭みが抜け、骨まで柔らかな煮魚となる。

スポンサードリンク

「じんだ」は古い言葉で糠みそを意味する言葉。

スポンサードリンク

Share