ふなべた

ふなべたとは・・・

ふなべた()は、「タマガンゾウビラメ」の新潟での呼び名。
正式にはヒラメでありながら、採れるものが小ぶりのものが多い為にカレイと呼ばれるようになったというエピソードもある魚で、新潟では一般的にフナベタとして流通している。フナベタガレイ。

瀬戸内海沿岸部ではデベラ、デビラと呼ばれて干物で食べられているが、
その他の地域ではあまり見かけない。

スポンサードリンク

キスを思わせる淡白な白身でクセがなく、新鮮なものはこの上なく甘くて美味。
上品で臭みのない脂が舌の上でとろけてゆく。

新潟では刺身のほか干物などでもよく食べられる。
三枚におろしたあとの骨は、骨せんべいに。
これまた地元っ子が愛する酒の肴だ。

ふなべた

ふなべた

Share