ぎんなん(銀杏)

ぎんなんとは・・・

)は、イチョウ科イチョウ属の木「いちょう()」の実。またはその種。

外側の実を取り除き、種を殻ごと、または殻を取ってから、炒って食べる。
殻をむいた後、串に刺して焼いたり、揚げて食べるのもポピュラー。
茶碗蒸しの具としても知られる。

スポンサードリンク

食べすぎると、嘔吐、痙攣(けいれん)、頻脈等をおこすといわれ、特に幼児は注意が必要。
中毒量の目安は幼児で7~150粒ほど、大人で40~300粒ほどといわれる。

銀杏

銀杏

Share