ハタハタの三五八漬け

ハタハタの三五八漬けとは・・・

ハタハタの三五八漬(鰰の三五八漬け・はたはたのさごはち漬け・はたはたのさごはちづけ・Hatahata no Sagohachizuke)は、
主に秋田県で食されている漬物。麹漬けの一種。。特に港町などの日本海沿岸部の地域で作られている漬物。「三五八漬」の名は、塩と米麹()、米の分量(または塩と米、麹の分量)を各3:5:8の割合で用いて漬け床(三五八床)を作る事からきている。→ 三五八漬けの詳細

スポンサードリンク

Share