ハタハタ寿司

ハタハタ寿司とは・・・

ハタハタ寿司(鰰寿司・ハタハタずし・ハタハタ寿し・ハタハタ鮓・はたはたずし・Hatahatazushi)は、
1. 主に秋田県や青森県、北海道などで食べられている発酵食品。郷土食。伝統的な冬の保存食。ハタハタを一匹そのまま、ハタハタを頭を落としただけの丸ごと、もしくは切り身にしたものを、糀、塩、砂糖などを混ぜたご飯に、細切りにした人参やかぶなどの野菜、ふのりなどと共に漬け込んだもの。漬け込む形状により、一匹ずし(いっぴきずし)、(全ずし・まるずし・丸ずし)、切りずしとも呼ばれる。正月前に仕込まれ、「正月料理」の一つとして正月に、もしくは春にかけて食べる冬の味覚。「ハタハタいずし」「ハタハタ漬け」「ハタハタ麹漬け」とも。

→ ハタハタいずし

スポンサードリンク

2.鳥取県鳥取市の賀露(かろ)地区で、昔から祭りの際などに作られ食べられてきた郷土食。
地元では「しろハタ」と呼ばれるハタハタを塩漬けしてから水にさらして塩抜きし、
塩、酢、砂糖で味付けしたおからに漬け込んで作る。
「おからハタ寿し」「ハタ寿司」「白ハタ寿司」とも。鳥取賀露港に代々伝わる伝統食。

おからハタ寿しを買える店:

[店   名]:かねまさ浜下商店
[住   所]:鳥取県鳥取市賀露町北3-1-17
[電   話]:TEL 0857-28-2391  FAX 0857-28-6646
[​営​業​ 時​間​]:​​8:30〜16:30
[​定​ ​休 ​日​]​​:元旦
[交   通]:JR鳥取駅から日ノ丸バス賀露行きで33分、「賀露海岸」下車、徒歩5分
中国自動車道・佐用JCT – 鳥取自動車道・鳥取ICから車で約10分。佐用から車で約1時間10分。

 

Share