イカのゴロ

イカのゴロとは・・・

イカのゴロ(烏賊のゴロ・いかのごろ・Ika no goro)は、

烏賊(いか)の内臓のこと。イカの中腸腺。イカのきも。イカゴロ・イカワタ・イカのワタ。イカの腑とも。

スポンサードリンク

新鮮なものは食用となり、身や頭を細切りにしたもの、塩、、麹などと混ぜて塩辛にするほか、イカの胴体に足(ゲソ)と共に詰め込んで焼いたり(イカのゴロ焼き・イカゴロ焼)、煮たり(イカのゴロ煮)、味噌などで味をつけて炒め、切ったゲソやネギなどを足して胴体に詰めて焼いたり(ポンポン焼き・イカのぽっぽ焼)する。また、一度凍らせてルイベ(イカゴロルイベ)にして食べることもある。

Share