イカのゴロ焼

イカのゴロ焼とは・・・

イカのゴロ焼(イカのゴロ焼き・烏賊のゴロ焼き・いかのゴロ焼き・いかのごろ焼き・いかのごろやき・Ika no Goroyaki)は、

イカから内臓(ゴロ)を取り出し、身や足と共にアルミホイルなどに包んで焼いたもの。 ゴロ焼き、イカの肝焼き、イカのわた焼、イカワタ焼き、イカのワタ煮、イカワタのホイル焼き、ゴロ焼き。

スポンサードリンク

主に北海道や青森など、イカの多くとれる地域で食べられてきた家庭料理、。現在では都市部を中心に各地の居酒屋などでも提供されている。

イカのゴロ焼の作り方

家庭や店によりレシピは異なるが、筒状にしたイカの胴体(身)の中に、ゲソや頭、ミミなどを、塩をしたゴロと共に詰め込み、楊枝等で止めてホイルなどに包んで焼いて作る。焼きあがったらイカの胴体を、中に詰めたゴロやゲソなどと一緒に包丁で輪切りにしゴロをつけて頂く。また、あらかじめ、身やゲソなどをカットしてからゴロと共に焼いて作るレシピもある。

Share