イカの肝焼き

イカの肝焼きとは・・・

イカの肝焼き(いかのきもやき・Ika no Kimoyaki)は、

イカの肝とイカの身やゲソを焼いた(炒めた)もの。イカのわた焼きとも。新鮮なイカをさばき、身は輪切りまたは細切りに、ゲソはそのまま、または細かく切って、イカの肝(わた・ゴロ)と共にフライパンまたはホイルなどに包んで焼く。調味料は塩や醤油、味噌など。

スポンサードリンク

イカの肝そのものに塩をして焼いたものを「イカの肝焼き」と呼ぶ場合もある。

Share