いとこ汁

スポンサードリンク

いとこ汁とは・・・

いとこ汁(従兄弟汁・いとこじる・Itokojiru)は、

1. 小豆と、、なす、、ごぼう、イモ類などの野菜・根菜と、コンニャクや豆腐などを煮こみ、味噌や醤油で味付けした汁物。汁料理。

スポンサードリンク

→ 関連キーワード:いとこ煮

その名は、用いる材料を順番に(=追々(おいおい)=(甥甥)に、または別々に(=めいめいに=(姪姪)に煮ていくことから名付けられたとも、用いる材料が小豆と、かぼちゃやイモ類など、近しい間柄であるから、ともいわれる。

京都・上賀茂地域の伝統行事「幸在祭(さんやれ祭)」や長岡京市の「お精霊さん(おしょらいさん)」にて、邪気を祓い、子孫繁栄を願う縁起料理として供されるほか、用いられる材料にバリエーションがあるものの、栃木、三重、山口など様々な地域で、家庭料理、、伝統料理として同様の料理が作られている。

2. 山梨県富士吉田市周辺で食べられている「吉田のうどん」の汁のうち、味噌と醤油で味付けしたもの。味噌も醤油も大豆から作られることから、「いとこ汁」の名があるという。

スポンサードリンク

Share