押し抜きずし

押し抜きずしとは・・・

押し抜きずし(押し抜き寿司・Oshinukizushi)は、
木型に酢飯を半分ほど詰め、ふきや椎茸、さらに酢飯を乗せて、
その上に酢でしめたさわら、空豆、えび、卵、菜の花、
山椒の葉等を散らして作る郷土寿司。さわら押し抜きずし。

主に香川県の讃岐地域で伝統的に作られてきた郷土食で、
春の祝い、その年の豊漁豊作を祈って食べられてきたご馳走。

スポンサードリンク

かつて、遍路道の周辺地域では、
お遍路の接待のために地域の人々で共同で管理した、
「接待地」と呼ばれる田んぼで栽培した米を用いてご飯を炊き、
具材をのせてこの押し抜きずしを作って「お接待」した。
保存性のいい酢飯と、酢で〆たさわらの美味しさに、
お遍路さんは大変喜んだという。

Share