カワサバ

カワサバとは・・・

カワサバ(kawasaba)は、
岩魚(イワナ)と山女魚()が交配したもの。両者はそれぞれ川の上流とさらにその上の流域、というように生息域が異なっていたが、ダムや堤などが建築されたり、人の手で放流が行なわれたことにより、生息域が変化し交雑したもの。体の表面の模様が一見すると「鯖(さば)」のようにも見えることから「川さば」の名がある。

スポンサードリンク

Share