ケンビキ焼き

ケンビキ焼きとは・・・

ケンビキ焼き(けんびきやき・Kenbikiyaki)は、
小麦粉を練って作る皮で小豆餡や空豆の餡を包み焼いたもの。外側を茗荷()の葉で包んであるのが特徴。岡山県備中地方の郷土菓子。「ケンビキ」とは岡山の言葉で「疲れ」を意味する言葉で、農作業の合間に、小腹を満たし、「疲れ」をいやすための軽食・おやつとして食べられていたもの。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Share