ケンサキイカ

ケンサキイカとは・・・

ケンサキイカ(剣先いか・けんさきいか・Kensaki ika)は、

ヤリイカ属ヤリイカ科のイカの一種。日本近海に200種類以上もいるといわれるイカの中でも、独特の豊かな甘みとこりこりとした歯ごたえを持ち、特に美味しいとされるイカの一つ。

スポンサードリンク

佐賀県呼子では「呼子のイカ」として、ケンサキイカ(呼子ではヤリイカと呼ばれる)の活き造りが有名。また、山口県萩市の須佐では、ケンサキイカの活きたものを「須佐男命いか」としてブランド化している。

各地で様々な地方名を持ち、関東から伊豆~愛知、和歌山などでは「赤イカ」「丸いか(マルイカ)」、愛知県南知多では「ナガツル」、島根や山口などの山陰沖では「白イカ」「剣いか・ケンイカ」「真イカ・マイカ」、九州長崎周辺では「ゴトウイカ」、高知県では「スルメイカ」などとも呼ばれている。

Share