きぬかつぎ

きぬかつぎとは・・・

)は、)の小芋を、皮のまま、茹でたもの。
または蒸かしたもの。

皮には切れ込みをいれ、火が通った後は容易にむけるようになっており、
手で皮をむき、塩やごま、味噌などをつけて食べる。

スポンサードリンク

平安時代、高貴な女性が外出する際に衣をかぶって顔を隠したという「きぬかずき・きぬかづき」が
名前の由来といわれる。

千葉県にある中山法華経寺の名物になっている。

きぬかつぎ

きぬかつぎ

Share