コハダの粟漬け

コハダの粟漬けとは・・・

コハダの粟漬け(小肌の粟漬け・こはだの粟漬け・小肌のあわづけ・こはだのあわづけ・Kohada no Awazuke)は、
(小肌・コノシロの若魚)を酢締めにしたものをもち粟に漬けたもの。小肌栗漬。出世魚である小肌を用いることにより縁起がよく、またクチナシで黄色く染めた粟を用いることで「五穀豊穣」を願う。主に正月の料理として食べられることが多い。

スポンサードリンク

Share