豆数の子

豆数の子とは・・・

豆数の子(まめかずのこ・Mamekazunoko)は、

枝豆と塩数の子を使った福島県会津地方の郷土料理。会津の正月料理。山形県の内陸部でもほぼ同様のものが食べられている。数の子豆(かずのこ豆)、ひたし豆の数の子あえ、数の子と浸し豆、青豆の宝漬けとも。

スポンサードリンク

作り方や材料は地域や家庭により多少の違いはあるが、乾燥枝豆(青豆・青大豆)を一晩かけて水で戻してから茹で、塩抜きした数の子と共に、、みりん、塩などで作る漬け汁に浸して出来上がり。

数の子は「子孫繁栄」、豆は「まめまめしく」にかかっており、「ごぼう炒り」「昆布巻にしん」と共に、ハレの日には欠かせない料理という。

Share