鳴沢菜

鳴沢菜とは・・・

鳴沢菜(鳴沢な・なるさわ菜・なるさわな・Narusawana)は、
山梨県鳴沢村で伝統的に栽培されてきた野菜。。京都の長禅寺菜の系統を組むといわれる野菜で、その栽培の歴史は古く、江戸時代までさかのぼる。京都の「壬生菜」、長野の「野沢菜」と並ぶ栽培地の地名のつく日本三大菜っ葉の一つともいわれる。

鳴沢菜の混ぜご飯
鳴沢菜の混ぜご飯

アクが少なく、風味が良いのが特徴で、主な利用法は、(浅漬け・醤油漬けなど)、おひたし、油炒め、、混ぜご飯など。また、煮て味付けしたものをおやきやまんじゅうの具として用いるほか、干して保存食とする。

スポンサードリンク

Share