鳴門鯛

鳴門鯛とは・・・

鳴門鯛(鳴門ダイ・なると鯛・なるとだい・Narutodai)は、
鳴門海峡周辺で漁獲される鯛。流れが早く厳しい環境に生息する鳴門の鯛は、身が締まっていながらも適度に脂ものっていて味が良いことで知られ、全国的にも見ても最上級の鯛の一つとされる。「鳴門の渦潮」で知られるような厳しい環境に生息しているため、骨(血管棘の付け根から中央にかけて)にこぶ(膨らみ)がある個体もあるほど。刺身はもちろん、寿司、潮汁(うしお汁)、塩焼き、炊き込みご飯(鯛飯)、あら炊き、湯引き、炙り、ちり鍋などにして食べられている。鳴門町の「サクラタイ」、北灘の「べっぴん鯛」、堂浦(どうのうら)の「うず華鯛」など、水揚げされる地域でブランド化もされている。

鳴門鯛の旬

鳴門鯛の旬は3月~4月頃。

スポンサードリンク

Share