ヌメリスギタケモドキ

ヌメリスギタケモドキとは・・・

ヌメリスギタケモドキ(ぬめりすぎたけもどき・滑り杉茸もどき・滑杉茸もどき・Numerisugitake modoki)は、
モエギタケ科の食用きのこ。ヌメリスギタケによく似たキノコで同じく広葉樹の倒木などに群生する。ヌメリスギタケとの違いは、つか(えの部分)の部分に滑りがないこと。色は黄褐色をしており、カサの直径は大きいものだと約15センチメートルを超えることもある。

大根おろしと共におろしきのこにしたり、蕎麦の具(きのこそば)とするほか、、和え物、、混ぜご飯、焼き物などで食される。

スポンサードリンク

北海道ではヤナギタケとも呼ばれる。

Share