オニササ

オニササとは・・・

オニササ(おにささ)は、
おにぎりとささみのフライを一緒に食べる沖縄県石垣島を発祥とするB級グルメ。
島のスーパーマーケット「知念商会」が発祥の地といわれ、それが各地に広まった。
おにぎりの「おに」とささみのフライの「ささ」を取って「オニササ」と呼ばれる。

スーパーや惣菜店で、各自好みのものをビニール袋に入れてセルフサービスで作ることが多い。

スポンサードリンク

ゆかり、たらこ、おかか、ジューシー(炊き込み御飯)、のりたまなどのおにぎりと、
ササミのフライやコロッケなどを同じ袋に入れ、ケチャップ、醤油、マヨネーズ、ソースなどで味を調え、
ご飯とササミのフライを押しつぶすようにして合わせて整形し、食べる。

おにぎりとカツで「オニカツ」や、
おにぎりとアメリカンドッグで「オニアメリカン」、
おにぎりとポークで「オニポー」、
おにぎりとコロッケで「オニコー」など、
組み合わせるメニューにより呼び名が変わる。

地元の学生や大人たちに、お昼や軽食、おやつなどとして人気の手軽で腹持ちのいいメニュー。

Share